ビタミンは体内でどんな仕事をするのか?

脂肪・炭水化物・タンパク質の代謝はB群が、女性が気になるコラーゲンの生成はCが、活性酸素の除去はビタミンEが、など様々な役割を果たしている。

ビタミンは、13種類がお互いに密接に関わっており、役割や効果を補完しあっているので、ひとつのビタミンを摂取するよりも、

複数の相性のよいもの同士を同時に摂取すると、相乗的効果が上がる場合が多い。

代表的な例としては、ビタミンB郡などが上げられる。葉酸は、ビタミンB6やパントテン酸、B12などと協力して免疫力を高めている。

ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝をし、神経細胞・筋肉・内臓の機能を正常にする。

末梢神経では血行を促進し、視神経では機能向上。

胃液の分泌を促進する。

ビタミンB2は身体のすべてに必要なビタミンなので毎日摂取が必要である。

動物性食品に多く含まれ、身体の発育・成長(生殖)等、成長期の子供・妊婦には必要不可欠である。

過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化・老化予防・血管の健康維持をする。

ビタミンB6の役割は赤血球の生成し、ヘモグロビンがつくられるときに関与している。

たんぱく質・アミノ酸代謝に関与し、免疫たんぱく質の合成、癌細胞の増殖を抑制し、免疫力向上や髪の発育促進をする。